【画像】坂本冬美の顔が変わった?若い頃から現在までを時系列で紹介!

坂本冬美さんは、日本を代表する演歌歌手です。

有名な曲だと「また君に恋してる」、「夜桜お七」で話題にもなっています。

そんな、坂本冬美さんの顔が昔と違うという情報を聞いたので、時系列で画像をまとめてみました。

目次

【画像】坂本冬美の顔が変わった?

坂本冬美さんは、日本の演歌歌手で、19歳頃にデビューしてから約38年芸能界で活躍しています。

坂本冬美さんは2023年10月の現在は56歳ですが、とってもキレイな歳の取り方してますね。

そんな、坂本冬美さんの若い頃の画像が、今より違うという声があり、早速見てみましょう!

こちらは、坂本冬美さんの演歌デビュー「あばれ太鼓」の画像です。顔が丸くて、目が一重ですね。

こちらも、デビュー時の「第29回日本レコード大賞」の画像です。やはり、現在のお顔と違い、一重でのっぺりとした感じですね。

X(旧Twitter)でも、坂本冬美の顔が違うという声を見つけました。

坂本冬美さんの顔が昔と今では違うという意見もありましたね。

こんなに違うということは、坂本冬美さんは「整形」しているのでしょうか?

坂本冬美さんは、2013年9月15日に放送された「さんまのからくりテレビ」で、「夜桜お七」の替え歌で、「痩せたの冬美」を披露しました。

替え歌の内容は、「整形疑惑」についてで、整形のことは否定して、二重になったのは痩せたからだと言っていました。

  • 坂本冬美さんは、痩せたせいで二重になったそうです。

「整形するなら、鼻からやるわよ」と言っていたので、整形はしていないようです。

【画像】坂本冬美の若い頃から現在までを時系列で紹介!

こちらは、1986年の18歳の頃の坂本冬美さんの画像です!

NHK「勝ち抜き歌謡天国」で名人となり、「関西演歌大賞コンクール」でも優勝するほどの実力でした。

真剣な表情過ぎて、ちょっと恐いです。しかし、歌声はかなりうまくて、演歌の才能が若い頃からあったのが分かりますね。

若い頃の坂本冬美さんは、現在よりも顔が違うようです。

では、坂本冬美さんの画像を時系列で紹介します。

デビューから20代の頃

坂本冬美さんは、1987年の19歳の時に「あばれ太鼓」で演歌歌手デビューとなりました!

この曲は、「第29回日本レコード大賞」で新人賞を獲得したため、いきなりブレイクしたようです。

目は一重で、大人っぽいですね。

1988年には、「祝い酒」で「第30回日本レコード大賞」金賞、「紅白歌合戦」にも初出場した、大ヒットを記録しました。

1991年の23歳のときに「火の国の女」をリリースしました。20代でもかなり大人っぽいです。

この曲は、「第33回日本レコード大賞」最優秀歌唱賞を受賞しました。

1993年の「紅白歌合戦」では、アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主題歌を、森口博子と西田ひかりと歌っています。

セーラーマーキュリーのコスプレをしているようですね。

1994年26歳のときに、有名な曲「夜桜お七」をリリースしました。

一重でも綺麗ですね。

30代の頃

坂本冬美さんは、1997年に最愛の父親を交通事故で亡くしています。また、持病の膵臓病も悪化したことで、歌手活動を休業していました。

そして、35歳頃に再デビューをしました。

40代の頃

40歳の頃の坂本冬美さんです。目が二重になってきた感じですね。

歌手の休業の影響もあったのかもしれませんね。でもきれいですね。

2009年、41歳のときに自身最大のヒット曲「また君に恋してる」で、再ブレイクしました。

一番認知度が高い曲だと思います。CMでも話題になりました。

47歳の時の坂本冬美さんです。ポーズを取ってとっても可愛いですね。

50代の頃

51歳の頃の坂本冬美さんですが、大人の色気がありとっても綺麗ですね。

2020年の52歳の時の坂本冬美さんです。初のグラビアを週刊文春で披露しました。

50代でもこの美しさです。

2023年現在に近い坂本冬美さんですね。

現在56歳ですが、本当に綺麗ですね。

まとめ

今回の記事では、坂本冬美さんの顔が変わった?若い頃から現在までの画像を時系列で紹介しました。

坂本冬美さんは、若い頃と顔がかなり違いますが、整形したわけではなく、痩せたからのようですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次