【予想5選】紅白のジャニーズ2枠は誰?ストスノ&なにわが濃厚or出場辞退?

ジャニー喜多川氏による性加害問題を受けて、所属タレントを広告などに起用していた企業側が契約の中止や見直しを表明しています。

そんな、2023年の大晦日の恒例行事である、「紅白歌合戦」では、ジャニーズの出場枠は2組なのではないか?と言われています。

その2枠は誰なのでしょうか?調べてみました。

目次

【予想5選】紅白のジャニーズ2枠は誰?ストスノ&なにわが濃厚or出場辞退?

ジャニーズ性加害問題で、企業側から広告起用の契約の中止や見直しを表明されています。

今年の「紅白歌合戦」では、ジャニーズは出場するのでしょうか?

今までの紅白歌合戦では、ジャニーズはだいたい5~6組が出場していました。

そんな中、興味深い記事を見つけました!

「9月中に司会者が決まり、10月には大枠の出場者が決定するのがいつもの流れ。今回は、ジャニーズ事務所の会見を受けて、ジャニーズが2枠が限界だろうとNHKでは言われているようです。全く出場させないとなるとジャニーズファンからはバッシングが出ますし、多すぎてもクレーム対象。そこでCDの売上などが好調な2組で最終調整しようとしてるみたいですね」(民法関係者)

いまトピランキング
  • 2023年の紅白歌合戦のジャニーズ出場枠は、2枠という噂があります。

SNS上では、ジャニーズ枠2組は誰なのか予想が繰り広げられています。

その予想を5つにまとめてみました!

  1. Snow Man
  2. Six TONES
  3. なにわ男子
  4. King&Prince

では、紹介します!

1,Snow Man

SnowManのファンクラブ会員数は、122万人で、ジャニーズ事務所の中では嵐に次ぐ人気のグループになります。

また、SnowManはCDの初週売上80万超えは、男性アーティストとしては史上初で、「連続初週売上50万枚超え作品数」が、7作連続なのは男性アーティストでは史上3組目という記録を樹立しています!

CDの売上は、SnowManが強いですね!

CDの売上のことを考えると、“SnowMan”が紅白歌合戦のジャニーズ枠に入りそうですね。

2,Six TONES

SnowManとSixTONESは、2020年1月22日に同時デビューし、お互いをライバルと認めているからこそ、2つのグループは、ストスノか、スノストと呼ばれています。

CDの売上や、ファンクラブ会員数を見ると人気度は、SnowManのほうが優勢な気がします。

しかし、ジュニア時代から人気もあり、英語の歌詞が多く海外に向けた楽曲が多くあるのも魅力の一つです。

ジャニーズ枠2枠は、2022年の紅白にも出場したスノストで埋まるかもしれませんね。

3,なにわ男子

「なにわ男子」はキラキラアイドルの代名詞と言えるくらい、アイドルらしいアイドルですね!

今年の24時間テレビのメインパーソナリティーにも抜擢され、今年は大活躍の年だったのではないでしょうか?

なにわ男子は、シングル「初心LOVE」でCDデビューしましたが、店頭に並ぶ発売前日に50万枚を売上げ、週間セールス70.6枚を記録して初登場で1位になりました!

この結果は、King&Princeのデビューシングル「シンデレラガール」超えだそうです。

なにわ男子も出演する可能性がありますね。

4,King&Prince

キンプリにとって、2023年はメンバーの脱退もあり、「新生キンプリ」になった年でした。

また、2023年6月28日に「なにもの」を発売し、初週で54万枚を売り上げ首位を獲得しました。

二人になった、新生キンプリとしての出発のステージになるかもしれませんね。

紅白歌合戦に、「キンプリ」が出演する可能性を感じる人もいました。

【予想5選】紅白のジャニーズは出場辞退?

「紅白歌合戦」のジャニーズ枠が2枠という噂がありますが、「出演を辞退してほしい」という声も多くありました…

ジャニーズ記者会見でも、ジャニーズ事務所は批判を受けています。

また、ジャニーズ出場ゼロ枠も考えられます…

紅白歌合戦にジャニーズが出演となると、当日まで批判されそうですね。今年は「出演辞退」の方が良さそうです。

まとめ

今回の記事では、紅白歌合戦のジャニーズ2枠は誰なのか、予想を5つにまとめてみました!

  1. SnowMan
  2. SixTONES
  3. なにわ男子
  4. King&Prince

まさかの出場辞退もあり得る予想も立ててみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次