松本正義会長の目が赤くて怖い?結膜下出血・角膜炎など原因の5つを調査してみた!

松本正義会長は、関西経済連合会の会長で「住友電気工業」会長でもあります。

そんな松本会長は、2025年の大阪・関西万博をめぐり、建設業界がパビリオン建設などに協力的でなかったと、怒っていたようです。

さらに、そんな松本会長の目が赤い画像が出回っているため、迫力が増しているようです。

今回の記事では、松本会長の目が赤い原因について調査してみました。

目次

松本正義の目が赤くて怖い?

こちらが、2024年2月9日の目が赤くなっている「関西財界セミナー」の時の松本会長の画像です。

左目が充血していることが分かります。

高ぶった感情が収まらない様子で、報道陣に対し「松本が怒っていたと、書いておいてほしい」と呼びかけたが、最後は「ちょっと興奮してしまった」と冷静さを取り戻していた。

Yahooニュース

万博に関連する質問を受けた松本会長は、冷静ではなかったようです。

怒っていることも踏まえると、怖い印象がありますね。

Xでも、松本会長の目が赤いことについて触れられているツイートを見つけました。

「目が赤くて怖い」、「目が真っ赤になるまで怒っている」という声がありましたね。

ちなみに、こちらが普段の松本会長です。

「関西財界セミナー」の時だけ目が充血していたようですね。

松本正義会長の目が赤くて怖い?結膜下出血・角膜炎など原因の5つを調査してみた!

松本会長の目が充血している原因について、5つにまとめてみました。

  1. 結膜下出血
  2. 感染性角膜炎
  3. 眼精疲労
  4. 緑内障
  5. ドライアイ

では、紹介します。

1,結膜下出血

結膜下出血とは、白目の部分にあたる結膜けつまくと呼ばれる部分の下に出血を来した状態です。

比較的頻度の高い症状ですが、見た目以外の症状を伴うことはほとんどなく、自然に治ることが多いです。

結膜下出血は充血とは異なり、血管が破れてしまい血液が結膜の下に漏れ出てしまっている状態です。

外傷や細菌・ウイルス性の感染症が原因に上がりますが、眼球の血圧が上がることで結膜下出血となることもあります。

具体的には重いものを持ったとき・ふんばったとき・強いストレスを感じたとき・激しく怒ったときに生じる場合があります。

松本会長は、「関西財界セミナー」で怒っていたので結膜下出血が原因かもしれません。

2,眼精疲労

パソコンやスマートフォンなどを長時間使用して目に負担がかかると疲れや目のかすみを感じるようになります。

これを眼精疲労と言います。目の周辺の筋肉が緊張した状態が続くことで、目の調節機能が一時的に低下します。

3,感染性角膜炎

角膜に細菌やカビなどが感染して、炎症を起こす病気です。

角膜に傷が付いてる場合には、細菌などの病原体に感染しやすくなります。

基本的には、両目ではなく片目に発症します。

4,緑内障

緑内障の自覚症状は、徐々に視界に見えない部分(暗点)が出現する、または見える範囲(視野)が狭くなる、などがあります。

ほとんどの緑内障は進行がゆっくりですが、急激に眼圧が上昇する急性緑内障発作が起こると、目の痛み、充血、目のかすみ、頭痛や吐き気を伴って、かなりの早さで視野が狭くなっていきます。

高齢者に多い目の病気で、早くて40代から発症する人もいるようです。

5,ドライアイ

ドライアイとは、涙の分泌量が減少したり、安定しなくなったりする病気です。その結果、目の表面が乾き、目の疲れ、充血、腫れなどの症状が現れます。

年齢とともに、涙の分泌量は減少しますので、松本会長もドライアイで充血しやすいのかもしれませんね。

まとめ

今回の記事は、関西経済連合会の会長である松本会長の目が充血している原因について、5つにまとめてみました。

  1. 結膜下出血
  2. 眼精疲労
  3. 感染性角膜炎
  4. 緑内障
  5. ドライアイ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次