鈴木エイトと竹田恒泰の関係性は?怒号混じりの舌戦内容紹介!

鈴木エイトさんは、ジャーナリストとしてニュース番組のコメンテーターで出演しています。対する竹田恒泰さんは、明治天皇の玄孫で政治評論家として活躍しています。

今回、鈴木エイトさんと竹田恒泰さんが、テレビ番組で激しい口喧嘩が話題になりました。

そんな、鈴木エイトさんと竹田恒泰さんの関係性や、口喧嘩の内容について記事にしてみました。

目次

鈴木エイトと竹田恒泰の関係性は?

鈴木エイトさんは、統一教会問題で一気にメディアに引っ張りだことなったジャーナリストです。

一方、竹田恒泰さんは、政治評論家として読売テレビ「そこまで言って委員会」を中心に活躍しています。

テレビ番組「そこまで言って委員会」では、鈴木エイトさんと竹田恒泰さんの関係性が気になるくらいの激しい口喧嘩が行われていました!

X(旧Twitter)でも鈴木エイトさんと竹田恒泰さんに対する声を集めてみました!

鈴木エイトさんと竹田恒泰さんの口の悪さが際立った放送回だったので、どちらの意見が正しいのか分からなくなりましたね。

討論の内容としては、鈴木エイトさんの著書「『山上徹也』とは何者だったのか」をどう読んだか?についての議論でした。

こちらのXでは、竹田恒泰さんは統一教会と関係性があるような情報ですね。

対する鈴木エイトさんは、宗教と政治を中心に、宗教2世問題にも取り組んでいます。

そのような立場もあり、鈴木エイトさんと対立してしまうような討論の構図だったのかもしれません。

  • 鈴木エイトさんと竹田恒泰さんは、思想の違いにより対立する関係性であることが分かりました。

鈴木エイトと竹中恒泰の怒号混じりの舌戦内容紹介!

画像でも、竹田恒泰さんが激しく叫んでるような表情がよく分かりますね。

鈴木エイトさんと竹田恒泰さんの、討論の内容を紹介します。

竹田氏は鈴木氏について「ジャーナリストの名声を建てていこうというようなアグレッシブな軌跡を歩んでいるように見えます」とチクリ。その上で「『彼のような悲しい存在を生まないために』って言ってるのに、第二の山上が現れましたよね。たまたま未遂に終わったからよかったんですけど、現職の総理大臣が死んだかもしれない」とこの事件の報道

しかし竹田氏は話の途中で割って入り「はいだから、それをねやらなくていいなんて言ってないわけです。事件が起きてすぐ『動機』ってやるとまねする人が出てくるから、アメリカとかヨーロッパはそれをやらないわけです。まずですね、二二六事件の――」と長々と持論を述べ、鈴木氏の「じゃあいいですか」「少し黙りなさい」という声を無視し続けた。たまらず鈴木氏は番組セットにあったゴングを鳴らし「黙れよ。うるさい」と一喝。竹田氏は抗議したが、進行役の黒木千晶アナが「まずエイトさんしゃべってください。今、エイトさん10分の1ぐらいしかしゃべれてないから」と口論の仲裁に入った。

Yahoo JAPAN ニュース

竹田恒泰さんが、鈴木エイトさんに対して始めから喧嘩腰だったようですね。

討論の中盤では、鈴木エイトさんの方が荒々しい言葉遣いが目立ちました。

「黙れよ、うるさい」
「あなたのようなおかしな人がいろんな発言をしているから」
「すいません、あなたに興味ないので」
「お前が言うな」

竹田恒泰さんは、言葉遣いが悪いと言うよりも、話している時間が長く、早くから感情的になっていたのが目立っていましたね。

「聞いてないのに言うなって!」

もう少しスマートな討論を見たかったですね。

まとめ

今回の記事では、鈴木エイトさんと竹田恒泰さんの関係性について調べてみました!

  • 鈴木エイトさんと竹田恒泰さんは、思想の違いにより対立する関係性

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次